シルバー天使の応援歌 ②   生命とは何と不思議なんだろう


 

梅雨の始まり模様の中、雨が来ぬ間の曇り空、保育園の入り口が開き小っちゃな紳士淑女たちが姿を現しました。元気でにぎやかな声と共に4人の保母さんに手を引かれ、20人位の隊列が近所の公園を目指すようです。最後尾には、大きい乳母車のような手作りカートに乗った一段と小さなちびっ子達が見えます。縁につかまり立ちしながら、楽しげにキョロキョロ周りを見渡しています。この紳士淑女達は保母さんが押してくれるので楽ちんだ。

 

あのカートからインドネシアのオランウータン保護施設を連想してしまった。赤ちゃんオランウータンのあどけない姿は、母を失った絶望的な境遇すら理解できていない事でしょうに、まるで人間と同じく幼くて、無邪気でかわいい映像でした。

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              それにつけても、おちびちゃん達は本当に小さいですね。保育園児とはこんなに小さいものだとは!
私は意外にもおさな児の事を何も知らなかったのだ!大きさすら分かっていなかったとは。やや愕然とする思いがして、この紳士淑女の列について行く事にしました。
目的の公園では三々五々散らばって遊んでいましたが、この子達はものの見事に手足も体も顔も人間の動きをしている! あの小さな体は人形もどきに見えるのに、作り物ではなく全く人間の動きをしている。不思議な感動が湧き上がってきた。人間の子供だから当たり前の事といえばその通りなのだが、誰に教わるでもなく、ものの見事に人間として動く小さいけれど人間だ。

太古の大昔から延々と引き継がれてきた遺伝子。個々の生命は老化し朽ち果てても、若々しい子供に引き継がれた遺伝子は更に生き延びる。人間もオランウータンも草も木も、あらゆる生命体はそのようにして現在を生きている。人知を超えたロマンか神の領域か。

ご意見を頂けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です